千鳥屋TOP千鳥饅頭総本舗について>千鳥屋のあゆみ

千鳥屋のあゆみ

- HISTORY -

寛永 7年
原田家が佐賀県佐賀郡久保田に「松月堂」の屋号で本格的にお菓子屋を始める
昭和 2年
福岡県嘉穂郡飯塚町住吉の中央市場(現・飯塚市本町の永楽通商店街)入り口に松月堂の飯塚支店として「千鳥屋」を開店
千鳥饅頭、マルボーロ、かすていら三品を専門に製造販売
昭和 14年
松月堂を閉じ、千鳥屋を千鳥屋飯塚本店とする
昭和 24年
福岡市の新天町商店街に進出、福岡本店として本格的に福岡市へ進出する。
昭和 27年
千鳥饅頭が横浜市で開かれた全国菓子大博覧会で名誉大賞牌を受賞
昭和 28年
福岡市土居町(現・博多区店屋町)に土居町支店を開設
昭和 29年
京都市での全国菓子大博覧会で、かすていらが名誉大賞牌を受賞
名誉総裁の高松宮殿下に千鳥饅頭を献上
昭和 37年
洋風巻きせんべいの「チロリアン」を開発、発売する
昭和 41年
本格的なドイツ風ケーキを製造販売
昭和 43年
チロル高原で、チロリアンの本格的なテレビCMを制作開始
千鳥屋福岡本店をチロル風に改装
新天町商店街にドイツ菓子専門の「エルベ」店を開く
昭和 44年
パン製造販売店「スベンスカ」を創業
昭和 45年
ドイツからの研修生を受け入れ開始
平成  3年
欧州の食品の国際品評組織「モンドセレクション」の菓子部門で特別金賞を受賞。6年連続受賞
平成  5年
原田光博がドイツと交流した功績で、ドイツから一等功労十字章を受章
平成  9年
(株)千鳥屋ファクトリー設立。原田光博、代表取締役社長に就任
平成 12年
上呉服町に新本店を開店
平成 13年
新宮町に福岡セントラル工場を設立
平成 16年
(株)千鳥饅頭総本舗に社名変更
平成 20年
原田ウルズラが代表取締役就任
平成 23年
原田浩司 代表取締役社長就任
ページ上部へ