千鳥屋TOP千鳥屋からのお知らせ>千鳥屋のイースター エッグ ペインティング コンテスト

イースターエッグペインティングコンテスト

イースターエッグ ペインティング コンテスト開催中!

今年のイースターは4/1(土)!
千鳥屋では、皆様とともに楽しめるハッピーイースターを記念し、卵のペインティングデザインコンテストを実施致します。
どうぞふるってご応募ください!
最優秀賞の1名様には豪華賞品プレゼント!
その他の各賞受賞の皆様にも千鳥屋商品をご用意しております。

◇応募方法
【資格】  どなたでもご参加ください!
【部門】  ◇一般の部  ◇こどもの部(中学生まで)
【締切】  2/14~3/14
【受付】  ペインティングした卵を各店のスタッフにお渡しください。

◇表彰式
4/1(土) 15:00より 呉服町本店

◇各賞
部門共通
 最優秀賞1名
一般の部
 優秀賞1名、佳作5名
こどもの部
 優秀賞1名、佳作5名 



卵のくりぬき方

1.殻の堅い卵を選びます。
2.キリで卵の上と下にそれぞれ小さな穴を開けます。
3.下の穴に竹串(爪楊枝)などをさしこみ、中身をかき混ぜて崩しましょう。
3.上の穴にストローをあて、息を吹き込むと、下の穴から卵が出てきます。
※空気は強くなく、弱くなく、ゆっくりと吹き込んでください。
4.中身が出たら、水を入れてきれいに洗ってください。
5.洗った後は少し時間をかけて中を乾かします。

・スポイトがあれば穴は一箇所でOKです。 同じ穴から中身が出てきます。スポイトを使ったほうが洗浄も楽ですよ!
・絵の具を使うときは、水彩絵の具よりもアクリル絵の具やポスターカラーのほうが発色が綺麗でムラなく塗れます。
・乾かすときは、大き目の発泡スチロールかオアシス(生花のスポンジ)などに差し込んで乾かすと便利です。

Happy Easter!イースターってどんなお祭り?

イースターは、十字架にかけられて死んだイエス・キリストが三日後に復活したことを祝うキリスト教最古の、そして最大の祝日なんです。
春分のあとの満月の次の日曜日がこの祝日とされています。
復活祭の前の40日間を聖旬節、その最後の一週間を聖習慣といいます。
この間、キリスト教会ではキリストの受難を記念する典礼が行われ、復活祭の前夜からキリストの復活を祝う喜びに包まれます。
イースター(オステルン・Ostern)の語源は確かではありませんが、一般にアングロサクソン民族の春の女神、オストール(Eostre)に由来するといわれており、ゲルマン民族の本来の宗教的祭りが、キリスト教の普及によって復活祭というお祭りに変わっていきました。

ヨーロッパでは、キリスト教徒でない人もイースターを祝う習慣があります。
それは、宗教的な意味からというよりも、むしろイースターが、毎年、大地に再び新しい命の息吹が蘇り、自然界が活気と活力を帯びる季節「春」が巡ってくるからではないでしょうか。
クリスマスがきらきら輝く雪の中のツリーなら、イースターは美しく鮮やかに色染めした「卵」、そして愛らしい「うさぎさん」など、生命、子だくさん、誕生と密接な関係があり、晴れやかで旺盛な生命力を象徴しています。
ウサギをかたどったチョコレートを食べるのもイースターの恒例行事。
千鳥屋のお店もイースターエッグでデコレーションしますよ!
ドイツ正統の祝い方で楽しむ千鳥屋のイースター、ぜひ遊びに来てください。

ページ上部へ