千鳥屋TOP千鳥屋のお菓子>慶弔用薯蕷饅頭

慶弔用薯蕷饅頭

慶弔の御菓子 薯蕷饅頭。
薯蕷とは山の芋のこと。
千鳥屋はこの山の芋を丁寧に摩り下ろして作った生地で、職人が一つ一つ手包みで仕上げております。
白の饅頭には小豆のこし餡が、紅と緑には白のこし餡が包まれております。
慶事には紅白、弔事には緑白が用いられます。
定番商品のカロリー表はこちら
消費期限
3日
原材料
以下の通り
小豆、砂糖、うるち米粉(国産)、山芋、水飴、トレハロース
砂糖、白小豆、うるち米粉(国産)、山芋、水飴、トレハロース、着色料(赤104号)
砂糖、白小豆、うるち米粉(国産)、山芋、水飴、トレハロース、着色料(黄色4号、青色1号)
アレルギー特定原材料
山いも
価格(表示は税抜価格です)
以下の通り 
慶事用紅白薯蕷饅頭
(小)直径約5.5cm  2個入600円5個入1,500円
(中)直径約6.5cm  2個入800円5個入 2,000円 /2個入(桐箱)1,000円5個入(桐箱)2,300円
(大)直径約8cm  2個入1,100円>>>クリックすると公式オンラインショップに移動します。
原材料弔事用緑白薯蕷饅頭
(小)直径約5.5cm  2個入600円5個入1,500円
(中)直径約6.5cm  2個入800円5個入 2,000円 /2個入(桐箱)1,000円5個入(桐箱)2,300円
(大)直径約8cm  2個入1,100円>>>クリックすると公式オンラインショップに移動します。
注文上のご注意
8日前までにご注文下さいませ。
販売店舗
全店販売
オンラインショップで購入する

千鳥屋のお菓子

- LINEUP -

日本で最初に饅頭が上陸したのは九州は博多
日本で最初に洋菓子が上陸したのは九州は長崎
遠い昔、ポルトガル人から伝わった当時最先端だった南蛮菓子の製法は、
今も脈々と千鳥饅頭に息づいています。
饅頭王国・九州を代表する伝統の銘菓 千鳥饅頭

千鳥屋のお菓子をすべて見る
千鳥饅頭
千鳥饅頭
チロリアン
チロリアン
ポルトス
ポルトス
定番のお菓子 銅鑼焼き(どら焼)
定番のお菓子
季節のお菓子
季節のお菓子
お詰合せ
お詰合せ
慶弔菓子
慶弔菓子
ページ上部へ