千鳥屋TOP千鳥屋のお菓子>丸ボーロ

マルボーロ 丸ぼうろ 丸ボーロ

丸ボーロ

南蛮菓子の原点である丸ボーロを千鳥屋では創業当時から焼き続けており、千鳥屋の代表のお菓子の一つとして広く親しまれています。
筑後平野の小麦粉を使った「てごね」の生地に上質なごま油をたっぷり塗り、「てぎり」で一枚一枚香ばしく焼き上げた千鳥屋ならではの丸ボーロです。
定番商品のカロリー表はこちら
賞味期限
製造日より15日間
原材料
砂糖、小麦粉、卵、蜂蜜、水飴、ごま油/トレハロース、膨張剤(一部に小麦・卵・ごまを含む)
アレルギー特定原材料
小麦・卵・ごま
価格
【袋入り】 1枚:108円(税抜100円) / 10枚(袋入):1,134円(税抜1,050円)
【箱入り】 10枚入:1,404円(税抜1,300円) / 16枚入:2,160円(税抜2,000円) / 18枚入:2,808円(税抜2,600円) / 27枚入:3,888円(税抜3,600円)>>>クリックすると公式オンラインショップに移動します。
販売店舗
全店販売
オンラインショップで購入する

千鳥屋のお菓子

- LINEUP -

日本で最初に饅頭が上陸したのは九州は博多
日本で最初に洋菓子が上陸したのは九州は長崎
遠い昔、ポルトガル人から伝わった当時最先端だった南蛮菓子の製法は、
今も脈々と千鳥饅頭に息づいています。
饅頭王国・九州を代表する伝統の銘菓 千鳥饅頭

千鳥屋のお菓子をすべて見る
千鳥饅頭
千鳥饅頭
チロリアン
チロリアン
ポルトス
ポルトス
定番のお菓子 銅鑼焼き(どら焼)
定番のお菓子
季節のお菓子
季節のお菓子
お詰合せ
お詰合せ
慶弔菓子
慶弔菓子
ページ上部へ